2011年01月14日

プロテインスキマーとは分解前のタンパク質を水中から除去する装置でした

海水魚飼育では淡水魚と違っていかに硝酸塩を発生させないか、が勝負のようです。
そのための有力なツールがプロテインスキマーだそうです。


こんばんは。
世間にはこんな変わった代行業があるなんてまったく知らなかったteruki1997です。
ぜひ定年でリタイアしたら霊場巡拝代行をお願いしたいと思います(嘘)
なんなんだこりゃw


という話とは何の関係もないのですが、
海水魚水槽立上げ第2弾。プロテインスキマーです。
淡水な皆さんはなにかまったくわかりませんよね。
僕もわかりませんでした。
ようやく本を買って理解したのですが、
プロテインスキマーというのは、泡の力を利用して
タンパク質などの有機物を腐敗・アンモニア化する前に除去する浄化装置のことです。
淡水なら硝酸塩発生しても換水が容易だし、
水草による吸収も期待できるのであまり気にしたことはなかったのですが、
海水ではやはり水を作るのメンドいし、サンゴには特に硝酸塩が非常にマズイらしいので、
嫌気濾過による脱窒やプロテインスキマーによる分解前の有機物除去を行い、
換水頻度を減らしてしまおう、サンゴも魚も元気に育てよう、
ということらしいんですね。なるほど。
小さい水槽でもプロテインスキマーは有効、とのことなので僕はこんなの買いましたよ!

2011011301.jpg

マメデザイン社のマメスキマー3です。デザインが気に入って購入です
水槽内の円柱容器は泡が押し上げた汚れをためておく容器。もちろん水槽の外に設置します。




早速設置してエアーポンプつないでまわしてみました!

2011011302.jpg

泡が細かくて美しいですね〜。

2011011303.jpg

あんまり美しくて思わず動画もとりました。


あ、次回ネタ予定のものが映ってしまったwww

ガラス製の筒の中でウッドストーンから出る泡が跳ね回ります。
泡の高さはこのくらいでいいのかな・・

これで一応水槽内への酸素供給にもなるそうです。
でもホントにコレで水槽内の水を浄化しているんでしょうか?
構造を見る限り下から泡で持ち上げているだけなので、
実はこのガラス筒の中の水だけをいつまでも浄化しているだけで、
浄化後の水は水槽内に戻っていないんじゃないのかな?
だとすると酸素供給にもなっていないのでは!?
なんだかとても不安ですが・・・大丈夫ですよね。

まあともかくまだこの水中には有機物はないので、
プロテインスキマーを回す意味もあんまりないのですが、
酸素供給の意味で回し続けることにします。

ちなみに淡水ではプロテインスキマーは意味をなさないそうですよ。
海水と違って水に粘性がないためにうまく泡が発生しないそうです。
しまった。試してみたらネタになったのに(笑)

ということで本日は以上です。
さあ次はもうひとつの濾過アイテムだ!!
これからサッカーアジアカップ 日本vsシリア見るのだ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ banner2.gif




posted by teruki1997 at 00:56| Comment(8) | TrackBack(0) | クマノミを飼いたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・披露宴の代行って。友達の代行って何するの。^^;
世の中そんな商売があるんですか。
なんで泡がたつのかいまひとつ分かってないんですが、海水やったら泡になるんですねー。
プロテインスキマーが回ってると「海水水槽なんやなー」と実感しちゃいます。^^
海水は立ち上げに時間かかるんですよね?
我慢するのが一番苦しそうな気もしますが(笑)じっと待つんだぞ。^^
Posted by 連 at 2011年01月14日 14:09
Youtubeで一足先に動画を見てしまったsyokiですw
海水作りにプロテインスキマー購入と、お疲れ様です。淡水よりも設置する器具が多くて大変ですね。。。
オーバーフローだと全部下の濾過槽内に突っ込んでしまえば良いので、っと言ってもそっちの方がコスト的な問題が生じますよね^^;

水の浄化は、エアリフト式の底面フィルターと同じシステムなのではないのでしょうか?ガラス筒の下から水を押し上げて効率良く水槽内の水を浄化するというものなのではないでしょうかね?私にはそうとしか言いようがありませんw
Posted by syoki1234 at 2011年01月14日 14:11
マメデザインのスキマー良いですよね^^
うちの親父が海水サンゴ水槽やってますが
スキマー&クーラー&メタハラは必需品って感じですね^^;
金がかかりすぎるので自分には出来ませんが
サンゴ・イソギンが並ぶ水槽は綺麗ですね^^
Posted by 野武士 at 2011年01月14日 18:48
お〜っ、まったく未知の世界の話で色々興味深いです。
アレはまだですか、海水用のエロいライト。
海水と言ったらもうエロいライトしかないでしょ。
薄暗い部屋の中であの青いライトだけ照らされたら・・・
抱いて!
は間違いないでしょう。
Posted by 38brain at 2011年01月14日 22:19
海水立ち上げ着々と進んでますね。
僕も海水に引きずられて少しずつ準備していこうとしてる最中なのでドストライクな記事ですw
今後も海水立ち上げ楽しみにしてます^^
Posted by hirojet at 2011年01月14日 23:12
エアリフトなので、少なからず下部で水は循環していると思います。
モーター式の場合は揚程力が強いためOFパイプが付いていて海水を排出させてます。
逆にエアリフトでOFさせちゃうと、スキミング力不足で効果が少ないのではないでしょうか?

まあ結果論ですが汚水が溜まり続けるということは循環しているという証拠だと思います。
プロスキは海水内のたんぱく質を分離させるだけなので海水が循環していなかったら汚水は一定量しかたまらないことになっちゃいます。

と素人の分際で語ってみました。外している可能性でかいですw

シリア戦の応援お疲れさまでした!次は早い時間なので安心っすねw
Posted by hay911 at 2011年01月14日 23:44
頑張ってますね〜
そうか、次のネタはアレな訳ですね・・・φ(゚Д゚ )フムフム…

そして、シリアを「リシア」と見間違う私は重症でしょうか?www
Posted by Maze at 2011年01月15日 00:44
>連さん、
友達代行はきっと自分になりかわって友達の相手をしてくれるんじゃないかと想像(笑)
それはもはや友達とはいえない関係の人向けのサービスだなあ(笑)
世の中は時に僕らの想像の遥か斜め上を行くのです。

プロテインスキマーの泡は結局海水の方が淡水よりも粘性が高い=溶存物が多いってことなんでしょうかね。
おっしゃるとおりサルのように我慢しています(意味不明)


>syoki1234くん
先に見ちゃダメじゃないか。
試験のときも配られた用紙を表向けちゃダメっていわれるでしょー(笑)
オーバーフロー水槽を導入するにはお金はもちろん設置場所の検討からはじめないといけないので、まずは手軽な機材ではじめたいと思います。

ビデオ見てもらうとわかるけど、エアリフトとの違いは泡で押し上げた水は上部から水槽内に戻らないことなのです。
循環していないんですよ。そこが微妙な感じがするところです。


>野武士さん
サンゴを飼育する方にはとても設備面では及ばないですね。
夏場もなんとかクーラーかわずに、レッドビーシュリンプと一緒に部屋ごと冷やす作戦を決行しようかと思います。
26度くらいなら耐えてくれるよね。

>38brainさん
海水は僕も初めてづくしで面白いです。
エロいライトは笑ったのでもちろん後でネタにします。
サンゴ飼育はしないので青くなくてもいけるんじゃないかな、
と思っています。

>hirojetさん
はい着々と、です。サンゴは飼育しないので設備的には少ない事例として見てもらえればと思います。
でも間違ってることもあるかも、ですよ(笑)

>hay911さん
下の方は循環してるんですかね〜。
モーター方式はカッコイイですけど、ちょっと手が出ませんでした。
確かに汚水が出た分の水は下から取り込まれているわけですから循環というか水槽内の水を浄化しているんですよね。なるほどです。
シリア戦は楽しい前半と打って変わってイライラハラハラの後半でしたね。疲れました(笑)
次は楽に勝って欲しいなあ。

>Mazeさん
写ってしまいましたね(笑)
はい。ライブロックです。もっとたくさん入れたくなりました(笑)
たしかツイッターでもシリアをリシアと空目したって人いたなあ。
Mazeさんだっけ?w




Posted by teruki1997 at 2011年01月15日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。